カテゴリ:ツール( 28 )
ニッソーのフラットインバーターライト600を購入してみました。
実験水槽用です。使ってた蛍光灯がもうかなり古かったのと少しスマートさアップするかな~と思いまして(^^;)
d0055262_18353481.jpg

インバーター式というのも惹かれましたね~
d0055262_18374712.jpg

じゃじゃ~んと本体登場w
何気に平らなのが良いです。本体平らだと換水の時とかちょっと物置けたり、蛍光灯重ね置き出来たりと、意外に便利だったりします。
d0055262_18375241.jpg

フラットインバーターライト600はちゃんとランプカバー付いていてこの点も気に入りました(^^)
d0055262_1838144.jpg

一番のうたい文句である薄さも名前負けせず、すごいフラットです(大体4cmくらい)
d0055262_18384811.jpg

コレ自分の環境だとあとで問題になったんですが電源コードは真横から出ます。
d0055262_18385736.jpg

ライトカバー取るのはドライバー必要で若干面倒(スライド式が良かった^^;)
d0055262_1839298.jpg

ランプ外すまで知らなかったんですが反射板まできちんと付いてます。
ここまでは求めてなかったのでちょい感動(^^)
d0055262_18391074.jpg

付属ランプは外しまして8000Kのホタルックに交換。
d0055262_18392159.jpg

今まで使っていた蛍光灯と比べると倍以上厚み違います(^^;)
d0055262_18392612.jpg

ここまでは全て問題なしでしたが、設置してからこの電源ケーブルの付き方で問題発生(^^;)
d0055262_18393683.jpg

実験水槽は2台間詰めて置いてあります。そうすると電源ケーブル真横から出る形だと邪魔になってしまいます。
そうは言っても水槽台幅120cmにて水槽の間はちょっとしか開けること出来ないのでやむなく1台は前後反対で置かざるおえなくなりました(泣)
d0055262_18395036.jpg

ややスマートさ後退w
d0055262_18395491.jpg

[PR]
by aqualiving | 2010-03-14 23:26 | ツール
ボルビティス・ベビーリーフリベンジのために5年以上の長き眠りから復活しましたRO浄水器w
今日は凄まじきRO水(純水)の実力のほどをご紹介します。
d0055262_21305626.jpg

RO浄水器使ってRO水作るのは根気が入ります。
なぜ根気が入るかというとちょびっとしか出てこないからです(^^;)
d0055262_2131173.jpg

購入して蛇口全開にしてもちょっとしか出ないの見て愕然としたの覚えています。
その時は使い方間違ってると思いたかったですけどね・・・
これがすぐにお蔵入りになっていた理由です(爆)
d0055262_21313511.jpg

これこそ果報は寝て待て状態w
実験水槽のような小さい水槽であれば対応可能ですけど90cm以上の大型水槽で換水に使うのは現実的ではありません(^^;)
d0055262_21314969.jpg

20リットルのバケツ一杯にするまで3時間くらい掛かりました。
見た目ただの水ですが実はスゴイ水なんですw
d0055262_21323379.jpg

導電率 6 ppm!!
すげ~!これがRO水の実力(^^)
不純物ほぼゼロであることの証拠です。
総高度GHも1.0以下で超軟水とも言えます。
d0055262_2133199.jpg

あとRO水作るときには捨て水というのも発生します。
捨て水の比率を多くするとそれだけ純水に近づきます。今回作ったRO水は6ppmでしたがもう少し捨て水の比率を多くすれば奇跡の1ppmも可能です。
d0055262_228565.jpg

捨て水と言われると使えないイメージ感じますが実際はこの通り導電率34ppmでそのままの水道水よりはかなり綺麗です。
捨て水も他の水槽用の換水に使いたいですが貯め置ける場所もないので今回は風呂の水になりました(お肌がスベスベに~なんてw)
d0055262_21334358.jpg

マニアック陰性系の実験水槽の水の約9割今回作りましたRO水に換水しました。
d0055262_21341187.jpg

ボルビティス・ベビーリーフだけでなく他のシダ系もどうなっていくか経過楽しみです(^^)
d0055262_2134301.jpg

[PR]
by aqualiving | 2010-03-02 23:22 | ツール
以前にものの見事に失敗しましたこのボルビティス・ベビーリーフ。
RO浄水器なら育てられると言う非常にありがたい有益な情報をいただきました。
これはやらずでおくべきか~ってな勢いで試してみますw
d0055262_19554999.jpg

じゃじゃ~ん!買ったちゃいました~・・・嘘です(爆)
購入してから軽く5年間以上物置で眠ってるの出してきました(^^;)
いや~でも何度もヤフオクに出品しちゃおうと思いましたがいつか再度使うときが来ると信じて我慢してよかったですw
d0055262_19565236.jpg

マーフィード製のRO浄水器エキスパート150です。
ほとんど使ってないのでシールがやや色褪せているくらいで新品同様w
d0055262_19572288.jpg

RO浄水器エキスパート150は上と下で分かれています。
この下部分はセディメント(コットン)フィルターとカーボンフィルターの2つで水道水の塩素や細菌、鉄錆などの微粒子を吸着除去出来ます。
カルキなどを使うことによって同じ効果得られますが浄水器を使用すると吸着するので不純物そのものを水槽内にすら入れないで抑えられます。
d0055262_19575482.jpg

一見さっきのフィルターの方が見た目豪華ですが主役はこちらです(^^)
中にはメンブレンと言う0.0001ミクロンくらいの超微細な孔の開いたメンブレンと言うフィルターが入っています(とりあえずスゴイと言うことでw)
d0055262_19581132.jpg

出てくるところに純水と書いてあってここから奇跡の水が出てきますw
d0055262_19583159.jpg

実際に使う前に5年以上経ったフィルター使うわけにいかないので中身だけ購入しました。
d0055262_19585813.jpg

下部のセディメントフィルターとカーボンフィルターには専用の取り外し用のレンチがあって簡単に外せます。
d0055262_19591538.jpg

空にすると何か花瓶みたい。
d0055262_195930100.jpg

下がセディメントフィルター、上がカーボンフィルターです。
主にセディメントフィルターで細菌の除去、カーボンフィルターで塩素を除去吸着します。
d0055262_2001495.jpg

あとはただ入れるというか置くだけで完了。
d0055262_2002916.jpg

ここまでは作業早かったんですが苦戦したのがメンブレンを取り出す作業でした。
力一杯ペンチで引っ張ってもなかなか出てこない~
古くなっているのが原因だったのかよくわかりませんがとりあえずすごい苦労しました(^^;)
d0055262_2005449.jpg

こちらが真打ちのメンブレン。
d0055262_2011442.jpg

詳しい原理省きますが簡単に言うと水分子以外は全て引っかけることが出来るという凄まじい代物ですw
d0055262_2013750.jpg

使用結果はまた後日アップします(^^;)
d0055262_2033143.jpg

[PR]
by aqualiving | 2010-02-28 23:31 | ツール
6月末くらいから乗っけていましたライトリフトやっと外しましたというか外せましたw
d0055262_2136892.jpg

この部屋は風通しが余り良くなくて毎年夏場の高温には苦労させられてます(^^;)
逆に冬場でもすぐにはヒーター入れる必要ないというメリットもありますが。。。
d0055262_21361523.jpg

120cmで前後2つ、実験水槽600ルーム×2台で1つ使っていました。
d0055262_21362221.jpg

実験水槽はライトリフト外して、3灯(リアルインバーターライト600)だったライト2灯式のものに戻しました(3灯式だとでかすぎて乗っからない^^;)
外掛けフィルター内で発生していたアオミドロが、ライトリフト外すことで光が当たらなくなってある程度なくなるのではと思ってます(^^)
d0055262_2136346.jpg

120cmライトリフト外すと3つの蛍光灯(全部で20W12灯)が水槽の上を完全に占領。
d0055262_21364978.jpg

コレだけ水槽上部を蛍光灯で埋めてしまうと蛍光灯の熱の逃げ場がなくなってしまうので、ライトリフト外してもまだ安全見て冷却ファン付けてます(^^;)
d0055262_21365751.jpg

これでやっと魚入れられる(特にペンシル系がw)
d0055262_21371227.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-10-20 23:08 | ツール
今日は先週600ルームの実験水槽で使っています外掛けフィルターについて思ったことを書きます。
d0055262_5551150.jpg

まず外掛けフィルターの良いところについて。
外掛けフィルターの良いところは何と言っても取り扱いが簡単なところです。
ろ材の洗浄なども外部フィルターに比べて断然気軽にチャチャっと行えます(^^)
あとは本体が超安価、滝っぽく流れ落ちる排水が涼しげで印象がよろしくなると言ったところでしょうか。
d0055262_5554260.jpg

デメリットはろ過容量不足がまず上げられますが外掛けフィルターも多いところで3サイズくらい用意されているので対処可能です。
それでも外掛けフィルターは基本小型水槽用なので30cmキューブ水槽当たりが外部フィルターとの使用の分岐点なのかなと思われます。
もう一つはCO2が曝気されてしまう問題があります。しかし、自分が使った限りでは2~3秒度1滴程度でそれ程多くCO2添加しなくても十分水草成長しましたし、逆に1秒1滴とかにしてしまうと明らかにヤマトヌマエビの動きが遅くなって入れ過ぎなのが見て取れました。
d0055262_5531279.jpg

さて。実はここから今日これ書いた理由です。
余り見えないデメリットの一つとも言えるでしょうか。
その主役はこのアオミドロです。
これは液肥添加実験の副産物として発生させてしまいました。
d0055262_5524699.jpg

そしてリセットの時にコレ見てビックリですw
外掛けフィルターの中にびっしりアオミドロがこびり付いちゃってます。
当然入れていたろ材にも付いていました(^^;)
d0055262_5572271.jpg

原因はコレです。何が言いたいかわかります?
d0055262_5573999.jpg

正解はコレ。ストレーナー部のスポンジの有無です。
d0055262_5574640.jpg

どこのメーカーとまでは言いませんが外掛けフィルターの数機種はストレーナーにスポンジが付いていません。
実はコレがまずい。
d0055262_641117.jpg

アオミドロは光量に成長すごく左右されるコケです。外部フィルター基本的に本体着色されていてかなりなレベル光遮断されますのでフィルター内で育つことはまずありません。
d0055262_792815.jpg

逆に外掛けフィルターは照明直近のところに置かれていて、メーカーによっては本体が透明なのも多いので光がそれなりに届いてしまいます(ミニライトや夏場でライトリフト使っている場合などは特に)
そうするとフィルター内でもアオミドロが育ってしまいます。
d0055262_7125151.jpg

さすがに最強兵器のヤマトヌマエビでもフィルター内のアオミドロまでは食えませんw
d0055262_725075.jpg

結論を言いますと外掛けフィルターのストレーナーには必ずスポンジがあった方が良いです。
このようにフィルター内まで行かずストレーナーのところでアオミドロが引っかかります。
もしかしたらスポンジの縫い目通って言っちゃうかもしれないじゃんって思われるかもしれませんが少なくとも今のところスポンジが付いたフィルター内でのアオミドロ発生は見られません(結構完璧に引っかかる模様)
d0055262_5575291.jpg

あと数ある外掛けフィルターの選定としてフィルター内にあまり光が届きにくい(黒い外観のものとか)ケースのものが良いかもです。
d0055262_825544.jpg

その前にアオミドロ発生しないようにするのが一番なんですけどね(^^;)
d0055262_5584422.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-07-27 07:34 | ツール
実験用水槽で使ってます外掛けフィルター用としてニッソーのフラットフィルターS(スモークタイプ)を購入しました。
d0055262_21543021.jpg

理由はマスターパルミニのろ過材入れる空間が小さくて水がチョロチョロとしか出なくなってしまいましたので。。。
d0055262_21544181.jpg

うわ~フィルター薄っす~いw
始めコレ見たときあまりに薄すぎて心配になりましたw
付属のろ過材として活性炭が付いているのですぐにでも使えます。
d0055262_215554.jpg

組み立てて見ると改めてすごい薄さ実感できます(^^)
モーターは水中モーターを使っているので水漏れの心配はなしです。
吸水口にはスポンジが付いていません。薄くても良いので付けてほしかったな~と思わなくもなし。
コレなら邪魔にならなくてインテリアの面ではこういう方がやっぱ良さそう(自分にはあんまり関係ないけど^^;)
d0055262_21551962.jpg

静かに水を落とすアクリル板が付いてます。
吐出口はどのメーカーも微妙に形が違っていて工夫が見られますね。
d0055262_21553233.jpg

上蓋はめるとすごくスマートな感じに(^^)
d0055262_215540100.jpg

取説にはニッソーではなくマルカンという名前がw
d0055262_21555122.jpg

稼働させたらろ過に向かって水がジョボジョボ。
ろ過に行く前なのでCO2曝気されて少しろ過に良いかも(^^)
d0055262_2156732.jpg

でもホントは専用のろ過材(活性炭)には配管が付いていてさっきのジョボジョボが効率よく活性炭に行き渡るような設計になっています(バック方式と言うらしい)
d0055262_2235509.jpg

コレと一緒に薄型のフィルターとしてGEXのスリムフィルターも使っています。
薄型だとろ過的に不利な印象ありますが今のところはちゃんと排水量十分あってそんなことはなさそうです(^^)
d0055262_21562451.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-07-23 03:01 | ツール
数少ない貴重な熱帯魚図鑑の新版購入しました(^^)
THE AQUARIUM 3200 ATLAS (熱帯魚3200種大図鑑)です。
d0055262_792063.jpg

とりあえず始めに触ってみてビックリしたのが表紙の分厚さ!
これは名前だけじゃなく本当に図鑑ですw
d0055262_792819.jpg

以前の本と並べるとその差は一目瞭然w
d0055262_794419.jpg

前のは全部で2300種掲載のところが今回は3200種とボリューム一気にアップしてます。
熱帯魚2000種+水草300種でしたがそれが熱帯魚のみ3200種となってます。
熱帯魚の掲載種が1000以上アップと熱帯魚中心の方には感涙ものだと思います(水草中心の自分には・・・w)
d0055262_795266.jpg

中身は写真中心に1種1種簡単な説明があります。
d0055262_710262.jpg

少し前にもう一つの図鑑(ピーシーズ熱帯魚・水草2700種図鑑)も新しくなって調べものは非常に充実(^^)
願わくは水草のみの図鑑が出てほしい・・・(マジお願いしますw)
d0055262_710166.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-07-12 07:48 | ツール
自分の夏場対策最終兵器は家電用クーラーです。
今まで使っていたのがかなり古かったので、今回夏のボーナス使って富士通ゼネラル製の新品購入しました。
6畳用レベルの容量のクーラーでも取り付け工賃含んで9万円近くしました(クーラーってこんなに高かったっけ?^^;)
d0055262_20384682.jpg

一応ライトリフト&冷却用ファン取り入れてますが夜でも見ると30℃くらい行っちゃってます(泣)
水槽用のクーラーも売ってはいますがこの部屋にはメインの120cmに実験用の600ルームが2台、熱帯魚入れてる60cmが1本と水槽まみれなので部屋ごと家電用クーラーで冷却してしまった方が全然経済的です(^^)
それに水槽用クーラーはファンがうるさいのと本体から温風出すので、そんなの部屋に入れていたら水槽涼めても飼い主が暑さで死にますw
d0055262_20451581.jpg

これから夏の2~3ヶ月は朝から夜までの15時間くらい付けっぱなしにします。
と言うわけで大体の電気代計算してみました。
購入したクーラーは富士通ゼネラル製インバーター冷暖房エアコンAS-J22Vです。
そして設定は24℃、弱風、省パワー。
この設定で具体的にどのくらいのW数になるかわからなかったので大体で計算してみました。
使用は冷房時の消費電力:170~800Wとあるのでやや多めのW数で・・・
700W×15時間/日 → 6,930円/月(231円/日、22円)
1ヶ月約7,000円と出ました(600Wなら約6,000円)
計算してみるとほとんど1日中付けているのにこんなもんか~って感じ(そうでもない?)
d0055262_20385977.jpg

参考程度ですが期間消費電力量で計算するとこの金額です。
760kwh×22円=¥16,720(冷房期間3.6カ月、27℃設定、1日18時間使用)
始めコレ見てあまりの安さに感動しました(よく見ると設定温度が3℃も違う^^;)
d0055262_2039619.jpg

これで夏場対策完了です。
クーラーの設定温度24℃にしても水温自体は残念ながら照明などの影響でそのままの温度までは下がってくれません。
目標として26~27℃くらいで推移してくれればと思ってます(^^)
d0055262_20391930.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-07-06 02:32 | ツール
先週ライトリフト取り付けました120cm。
ライトリフト付けると照明の光源との距離が空くことで若干光量減ってしまいますので、それを補完する意味含めて蛍光灯を新品に交換しました。
120cmで使用している蛍光灯はこちらディスカウントショップでも普通に売られているホタルックα(NEC)です。
d0055262_755319.jpg

ホタルックαのケルビン数は8000KでADAのグリーングロウと同スペックです。
それでいて値段は1本半値以下!この製品知ったときは超感涙ものでしたねw
それからというもの20Wに関してはもう何年もホタルック中心で照明照らしてます。
今回120cm蛍光灯合計12灯の内、10灯これに交換しました。
d0055262_7561273.jpg

残りの2本はメロウZプライド(東芝)です。
こちらのケルビン数は7200Kと若干落ちます。
7200Kですと8000Kより色味がやや黄色っぽい感じになってしまうのでとりあえず2灯のみにしています。
d0055262_7563089.jpg

じゃあ、なんでそこまでして使うのかというと光量はメロウZの方があるからです。
メロウZは内部に反射膜材をコーティングを施して光量そのものをアップさせています。
もしメロウZのケルビン数が8000Kだったら間違いなく全ての蛍光灯こっちを使用してますね。
d0055262_7564652.jpg

前回の蛍光灯の交換時期見てちょっとビックリ・・・ほぼ1年前(^^;)
蛍光灯交換時期はだいたい半年と言われてますのでどんだけサボってんだって話(これじゃ交換日書いてる意味なしw)
d0055262_7582299.jpg

あとこれにもビックリ~
蛍光灯のカバーすごく汚れてる!これだけでも結構光量損してると思います(^^;)
d0055262_7583523.jpg

カバーの汚れは長年の垢を取るように雑巾でフキフキ。
d0055262_7584461.jpg

逆にカバーの中は良い意味でビックリ~
蛍光灯本体に標準で付いている反射板超ピカピカ!(中だけ新品のようw)
d0055262_7585158.jpg

超めんどくさ~って感じで全管交換完了(だからなかなかやらないんだよねw)
d0055262_7585852.jpg

点灯してからさらにビックリ!
明るさ全然違う!・・・サボってたのちょっと後悔w
d0055262_759670.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-06-28 09:06 | ツール
長年愛用していたADA製のハサミがさすがに切れ味悪くなってしまって、最近はホームセンターで売っているデカ目のハサミ使ってトリミングするような惨状呈していました(^^;)
水草レイアウトやっている者としてさすがにこれじゃあいけないな~ってことでこちら購入しました(^^)
d0055262_20464637.jpg

ADAのトリミング専用ハサミカーブタイプNEWです。
切れ味悪くなってしまったのはコレの前のバージョンのものでした。
ADAでは色んな種類のハサミ売ってますけど自分はこのカーブタイプ1本でトリミング全てやってます。
一応他メーカーで形違ったアクア用のハサミ3種類くらい持ってますがトリミング始めちゃうと水に手を突っ込んでやっている最中にイチイチハサミ交換するの面倒すぎて結局は1本のハサミしか使いません。
と言うわけで1度買えばもうあと5年くらいは、トリミングもうコレ1本で十分。
他のメーカーのハサミよりも値段高めですが長期間使うので私にとってもは十分費用対効果高しです(^^)
d0055262_20471173.jpg

後景草のみのトリミングであればストレートタイプでも十分ですがグロッソやショートヘアーグラスなど前景草トリミングする時はカーブタイプの方が絶対的にトリミングし易いです。
刃の部分が長くてまとめて切れるし(時間短縮)、先端もコレだけ鋭利なのでガラス面のところのトリミングもザクザク楽ちんです(^^)
d0055262_21192588.jpg

あとプロピンセットカーブタイプNEWも買いました(軽く乗せられてw)
d0055262_20472148.jpg

まだ使っていないので感想書けませんが先端曲がっていると植栽どうなんだろ~って気になってます(普通に水深のある水槽だと逆に使いづらそうな気も・・・)
d0055262_2128841.jpg

もう一つ120cm用で吸水用のインスタレーションキットも購入。
d0055262_20474135.jpg

ちょっと前にも記事にしてますが標準のものと違って長さ3段階に調整出来るのが魅力。
水草レイアウトした時に大概後ろの方はソイル高くしていて、吸水パイプがソイルに埋もれちゃうことがあります。
コレだと長さ調整で埋もれるの回避出来てなかなかスマートに処理出来ます(^^)
d0055262_20475081.jpg

まあ、それだけと言えばそれだけなんですが・・・
ぶっちゃけすでに導入していた排水用のインスタレーションキットとデザイン合わせたかっただけだったり(^^;)
d0055262_21515237.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-06-23 03:02 | ツール