タグ:バコパspギニア ( 3 ) タグの人気記事
先週末ナチュラル・プロダクトとプラチナソイル(ブラック)この通りモサモサなのでトリミングしました。
d0055262_20114735.jpg

・ナチュラル・プロダクト
全体的にどれも元気ですがバコパspギニアとバコパ・オーストラリスのバコパコンビが特に勢いありです(^^)
d0055262_201266.jpg

・プラチナソイル(ブラック)
ロタラ・ロトンディフォリアやアラグアイア・レッドロタラなど全体的に赤さが目立ちます。
始めは同じ水草植えてましたが、段々時間が経つにつれてそのソイルの得意分野があるらしくこういう移り変わりって非常に面白いです(^^)
d0055262_2012158.jpg

NISSOの屈曲ハサミ使いました。超小型水槽のトリミングに便利です。
d0055262_20122837.jpg

レイアウト水槽みたいに深く考える必要もないのでトリミングすぐに終了~
d0055262_20124636.jpg

ロタラ系は近々やる予定の180cmのトリミングで凄まじい量出るのでここで出た分は思い切って捨てました。他はある程度ストックで残してます(結局使わないとは思うけど)
d0055262_20125120.jpg

・ナチュラル・プロダクト
あんなにモサモサジャングルだったのが一瞬で殺風景になりましたw
d0055262_2013483.jpg

キューバパールは完全にスイッチ入り中で目に見えてどんどん増えて行ってます(^^)
d0055262_20131354.jpg

再植栽はほとんどしていません。唯一ややレアかなと思っているバコパspギニアだけ再度植えてます。
d0055262_2013522.jpg

何かと思ったらミリオフィラム・ガイアナドワーフ。
完全に生存競争から出遅れてましたがタフに生き残ってました(^^)
d0055262_20135777.jpg

・プラチナソイル(ブラック)
赤さの欠片もなくなりましたw
d0055262_20154776.jpg

あんなにどの水草も状態良く育つのに何故かショートヘアーグラスがあんま育たない(^^;)
プラチナソイル・ブラックの傾向はアマゾニアⅡに近い感じ受けます。
d0055262_201551100.jpg

少し遮光されていたのでちょびっと縦伸びになっていますがこれでまた這いまくりでしょうw
d0055262_20155634.jpg

プラチナソイル・ブラウンが一番成長してるw
d0055262_2016086.jpg

[PR]
by aqualiving | 2010-02-25 22:56 | 実験
ナチュラル・プロダクト、プラチナソイル(ブラック、ブラウン)の実験も約1ヶ月半(7週)経過しました。
今日は底床の状態を中心に見ていきます。
d0055262_21423447.jpg

・ナチュラル・プロダクト
汚泥化はほとんど見られず粒しっかり確認出来ます(まだ1ヶ月半なので当然と言えば当然ですが)
藍藻(?)っぽいものが見えますが勢いゼロなので今のところ問題なしです。
ショートヘアーグラスの舐めたランナーの伸ばし方にややイラッと来ますがw
d0055262_214392.jpg

・プラチナソイル(ブラック)
で。問題はまさかのこちらです(^^;)
なんか汚泥化始まってるっぽいんですけど・・・
d0055262_21432876.jpg

何か見た目も粘土っぽい感じがして嫌気環境になっちゃいそうな雰囲気あります(泣)
まだ1ヶ月半なのにこれから先どうなっちゃうんだろ・・・
d0055262_21433338.jpg

・プラチナソイル(ブラウン)
こちらも同様ちょっと汚泥化っぽい感じします(判断難しいですが)
まあ。ブラウンの方は汚泥化以前の問題なんですけど(^^;)
d0055262_21433756.jpg

あとは全景です。
・ナチュラル・プロダクト
d0055262_21434734.jpg

バコパspギニア。
3つの中でこの環境が一番元気です。何故か水質近いのにプラチナソイル環境では元気ないんですが謎です(^^;)
d0055262_2144519.jpg

・プラチナソイル(ブラック)
d0055262_21441292.jpg

汚泥化痛いですが相変わらずロトンディフォリアやナンセアン、アラグアイア・レッドロタラすごく綺麗に赤くなっていて素晴らしい状態です(^^)
d0055262_21442182.jpg

・プラチナソイル(ブラウン)
d0055262_21442697.jpg

ダッセン綺麗なんですが1週間前と変わってないんですけどw
d0055262_21443857.jpg

[PR]
by aqualiving | 2010-02-02 23:24 | 実験
実験水槽(600ルーム)で育成していますバコパspギニアです。
始めてコレ見たときには、バコパって丸っこい厚い葉っぱのイメージが強いのでコレのどこがバコパ?って思いましたね(でもホントにバコパ系なんでしょうか?)
少し前に存在知ってから気になり出しましたがそう言うときに限って売り切れだったりして、やっとこさ最近手に入れることが出来ました(結局頂き物です^^)

育成してみまして成長は結構早めです。
見た目はすごく古風で日本的な感じでミリオフィラム・マットグロッセンセなどと一緒に金魚とかに合いそうな草姿してます。
レイアウトの王道で使われるロタラ系、オランダプラント系などなどその当たりと一緒にするには見た目的にちょっと合わなそうな感じです。
育成は弱酸性~中性でCO2ちゃんと添加していれば十分元気に育成出来ると思います(難易度低めかな)
d0055262_7364582.jpg

実際に育成してみるとやっぱりコレのどこがバコパって感じ更に強くなってます。
で。良い機会なので調べてみました。
「世界の水草728種図鑑」で調べましたところバコパって大きい種別だとゴマノハグサ科らしいです(始めて知ったw)
ゴマノハグサ科という大きい区分けで見ていきますとバコパ以外にも一杯あってパールグラスやグロッソ、リムノフィラ系もゴマノハグサ科に属しているようです。
その中で見た目かなり近いのでアンブリア(日本名だとキクモ)を見つけました。どうもこちらに近い種類なようです。
結論としてバコパなんて付けないで名前をアンブリアspギニアにした方が絶対分かりやすいって思いましたw
d0055262_7365139.jpg

成長は直線ではなく、円を描くように伸びていきます。
レイアウトでは後景よりか中景に植えるのが良さそうです(^^)
d0055262_7365768.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-07-05 08:56 | 水草