タグ:プロジェクトソイル ( 7 ) タグの人気記事
先週までやってやってました液体肥料添加実験一先ず終了しまして、また底床の実験始めます。
実は先週土曜日やったものです(いつの話^^;)
d0055262_7302893.jpg

今回使う底床はこちら~
左からカスタムソイル、プロジェクトソイル水草、コントロソイルです。
d0055262_7105762.jpg

この中で初使用なのがプロジェクトソイル水草(アクアシステム)。
やっぱり水草専用なんて書かれたら気になってしょうがありませんw
d0055262_7112984.jpg

低pH維持など書かれてあることは他のソイルとはあんま変わらないかな。
ASP方式というのはこのソイルそのものをろ過材として使用できますってコトらしいです。
別にソイルなんて基本多孔質ですからどのメーカーのソイルでもほぼ同じコトが可能かと思いますが。
d0055262_7115498.jpg

まあ言っちゃうとただでさえ水草の浄化能力とソイルの粒そのもののろ過があって、あまり水質悪化させる要素が少ない水草レイアウトなら外部フィルターなくても水流さえ起こしていればろ過十分何じゃないかとも思ったりすることがあります(いつか実験してみたいテーマの一つ)
d0055262_71285.jpg

カスタムソイル1回実験で使ってみてものすごく良い結果だったので再度確認の意味合いで使います(個人的に一番注目するのはここです)
コントロソイルも液肥の実験で使っていますがもう1回能力をキチッと確認していというのがありました。
d0055262_7111972.jpg

アクアシステムで紹介されているやり方やるとソイル舞うことなく水注げます(^^)
d0055262_7121867.jpg

水草は真横で同じ実験している600ルームからトリミング分を再利用しました。
d0055262_7151429.jpg

こっちはリセットして出た水草です。
アオミドロ付いているので出来ればそのまま使いたくないんですが購入するのも勿体ないと言うことで使っちゃいました(レイアウト水槽なら絶対にやりませんよ^^;)
d0055262_7152468.jpg

あれ?取り分けてみると一杯出てくると思ってたショートヘアーグラスがちょっとしかない(泣)
実はほとんど一緒に前景で植えてたオーストラリアンクラススラだった模様(恐るべし^^;)
d0055262_715321.jpg

こちらカスタムソイルは今後の本格使用も見据えて実際によくレイアウトで使う水草を中心に植えました(グリーンロタラやキューバルドなど)
d0055262_7161671.jpg

コントロソイルはトニナやスターレンジを植えて硬度のほどを、後は通常通り難度の高いショートヘアーグラス、インディアンクラススラとかの育ちを中心に見ていきます。
d0055262_7163817.jpg

プロジェクトソイル水草の粒の色はこの通り茶色です(以前使ったプロジェクトソイルプレミアムに似ているな~)
d0055262_7164963.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-07-25 08:35 | 実験
2回目の底床比較も早1ヶ月越えです。
もうこの辺で締めさせていただきたいと思います(^^)

いつもと同じくまずはアクアシステムのプロジェクトソイル・プレミアムから。
最後の1週はヤマト3~4匹追加で多少アオミドロ減った感じです。
アオミドロいくつかタイプありますがどれもヤマト超大好きなので効果絶大(光量減らせばさらに効果アップ^^)
d0055262_21254955.jpg

pH6.7  導電率92ppm (夜測定)
炭酸塩硬度KH約1.0 亜硝酸塩NO2ほぼゼロ
※硝酸塩(NO3)は試薬ついに切れてしまいました(泣)
プレミアムの名前負けせず、最後まで水質の測定値は見た目とは裏腹に完璧でした(^^)
d0055262_21255741.jpg

最後の最後に藍藻登場(泣)
ドワーフリシアやや枯れ気味なのでそこからの発生みたいです。
d0055262_2126876.jpg

ロタラワリッキー(リスのしっぽ)は導入から2週程度ですが3つの中で一番元気です。
やっぱり茶色の粒は黒に比べて反射するので光量依存度の高い有茎草は元気なようです(^^)
d0055262_21263043.jpg

オーストラリアンクラッスラも3つの中で唯一這う体勢見せていてどうなるかもう少し見ていたかった気もしました。
プロジェクトソイル・プレミアム。実験では初期の集中換水もしていませんのでこのような姿となってしまいましたがしっかり管理していけばかなり良好な環境を容易に構築出来そうです。
粒の色とか総合的に見て、水草よりもアピストやレッドビーなど生体中心向けだと思います。
d0055262_21264040.jpg

次にアクアシステム、チャーム共同開発のA&Fソイル。
5週間の間に週一で換水していた以外は何も手を加えていないでこの状態です。
水草のみならずガラス面にすらコケ出てきません。。。
d0055262_21265863.jpg

pH7.0  導電率117ppm (夜測定)
炭酸塩硬度KH約1.0 亜硝酸塩NO2ほぼゼロ
1ヶ月ちょっとでやっと亜硝酸塩がほぼゼロとなってくれました(^^)
見た目とは裏腹に亜硝酸塩、硝酸塩出まくりだったのでかなり判断難しい結果となってしまいました(^^;)
チャームさんにはかなりお世話になっているのでかなり複雑な心境です。。。
硝酸塩だけならまだ良いですが毒性のある亜硝酸塩も出ていたのがちょっと痛いところです(^^;)
d0055262_2127422.jpg

水草の状態はと言えば、グロッソはそれなりに這ってくれています。
ショートヘアーグラスも少しですがランナー出しているようでした(グロッソのとこ)
ドワーフリシアはそれほど気泡は出さず、枯れてはいませんがあまり状態良いとは言えません。
d0055262_21272575.jpg

キューバパールはそれなりに這い出しています。
有茎草類のアラグアイア・レッドクロスプランツ、ロタラワリッキー、インディアン・クラッスラ、オーストラリアン・クラッスラなどはあまり調子出ませんでした。
d0055262_21274078.jpg

最後にマスターソイルです。
水草の状態、水質など総合的に判断して今回の結果から個人的にはマスターソイルが一番良かったです(^^)
d0055262_21275348.jpg

pH6.8  導電率91ppm (夜測定)
炭酸塩硬度KH約1.5 亜硝酸塩NO2ほぼゼロ
始めの数週は若干硝酸塩など出ましたがその後は安定しています。
コケもガラス面に茶ゴケが出ている程度で普通に管理していれば綺麗に維持出来るレベルです。
d0055262_2128084.jpg

グロッソはマスターソイルがダントツで元気良かったです。
他にもオーストラリアン・ウォータークローバーが後ろからすごい速度でぐ~んって這ってきてますw
今回どのソイルでもそうでしたがドワーフリシアあまり状態良くなかったですね(やっぱり難しいです^^;)
d0055262_21281310.jpg

キューバパールもそれなりに這い出していて普通に細かく分けて植えていればもっと増えていたかもしれません。
ただアラグアイア・レッドクロスプランツ、ロタラワリッキー、インディアンクラッスラはあまり元気出てくれませんでした。
d0055262_21282938.jpg

アマゾニアのみならずマスターソイルでもショートヘアーグラス地中に潜ってます。
ソイル云々ではなく多分ショートヘアーグラス自体の状態がイマイチな場合こうなっちゃうような気がします(^^;)
d0055262_21283923.jpg

藍藻はエクスタミン使って瞬殺です。
d0055262_2128487.jpg

この中でどれ使うかって言われたら今回の結果からみればやっぱしマスターソイルになるかな~
d0055262_21285567.jpg

さて。次の実験に取り掛かります。
どんな比較実験になるかはまた次回に・・・(^^)
d0055262_2129115.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-02-19 22:59 | 実験
第2回ルーム600底床比較実験。時の経つのは早いものでついに1ヶ月経過しました。
もうそろそろ次の実験に掛かろうかとも思っております。

さてさて。まずはアクアシステムのプロジェクトソイル・プレミアムです。
アオミドロ地獄は相変わらずです。ヤマトヌマエビ数匹入れていますがとても追いついていません。
これがレイアウトしている水槽だったらと思うと恐ろしいです(^^;)
d0055262_21192346.jpg

pH6.3  導電率91ppm (夜測定)
先週とあまり変わらずこの辺で安定しています。
見かけとは裏腹にすこぶる良い数値です。
d0055262_21193440.jpg

炭酸塩硬度KH約1.0 
亜硝酸塩NO2ほぼゼロ 硝酸塩NO3ほぼゼロ
(NO2、NO3、KHの順に置いてます)
立ち上げ時からですがずっと硝酸塩検出されていません。
水質の面ではかなり優秀な底床です。やはりメーカーが最高級と位置づける”プレミアム”の名前は伊達ではなかったという感じです。
今回はアオミドロ出てしまいましたがエビ入れて毎週普通に管理していればかなり安定した環境得られると思います。
d0055262_21194251.jpg

水草はキューバパールがそれなりに増えてはいます。
水草専用の底床ではないので多くは望めませんが難易度そこそこの水草であれば問題なく育ってくれそうです。
d0055262_21195889.jpg

難易度の高いドワーフリシア、ショートヘアーグラスなどはほとんど育たずorz
あとこの底床に限ったことではないですが茶色い底床は水草の状態が見極めづらいです(^^;)
d0055262_2120745.jpg

さて。お次はアクアシステム、チャーム共同開発のA&Fソイルです。
水は3つの中で一番輝いてます・・・
d0055262_21204835.jpg

pH6.8  導電率118ppm (夜測定)
このソイルは弱酸性謳っていますが、今回の環境ではやや中性付近の水質が多かったです。
d0055262_2121186.jpg

炭酸塩硬度KH約1.0 
亜硝酸塩NO2約0.9mg/l 硝酸塩NO3約20mg/lくらい
先週よりかは水質若干の改善が見られてますが・・・
大分前にアクア関連の本で「水が透き通っているからと言ってそれが魚にとって良い水質とは限らない」という言葉があって今回はまさにコレ思い出しました。
d0055262_2121787.jpg

ドワーフリシアは最高潮にはほど遠いですが気泡付けてます。
そう言えばこの環境ではいてもエビ数匹程度で水草も枯れているわけでもないのになんで硝酸塩こんなに出るんだろ~っていう疑問はあります。
やっぱり底床そのものにゴミのような要素が多量に混じっているとしか考えられないんですよね。。。
d0055262_21214763.jpg

グロッソそこそこ這ってます。
水草専用ではなく、逆にこういうソイル使った方が長くグロッソの絨毯楽しめるんじゃないかと思います。
d0055262_21215333.jpg

とりはいつも通りマスターソイルです。
コケはガラス面の茶ゴケ程度で他はほとんど出ていません。
d0055262_2122174.jpg

pH6.5  導電率93ppm (夜測定)
pHは6.5前後、導電率も90ppm前後で安定しています。
d0055262_2122961.jpg

炭酸塩硬度KH約1.5 
亜硝酸塩NO2ほぼゼロ 硝酸塩NO3ほぼゼロ
先週まで若干硝酸塩見られましたがついにほぼゼロとなりました(^^)
d0055262_2122215.jpg

さすがにショートヘアーグラスはあんまり育ってくれませんがキューバパールはレイアウト意識して一杯植えれば短期間で絨毯作ってくれそうな雰囲気あります。
d0055262_21223136.jpg

グロッソも先週より確実に這ってます。
こちらも立ち上げ時に一杯植えてあれば1ヶ月程度でかなり緑の絨毯になってそうな勢いです。
d0055262_21223636.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-02-10 22:33 | 実験
第2回ルーム600底床比較実験の2週間経過後の状況報告です。
先週まではどれも変化がなくてつまらなかったですが、今週は大分良い悪い両面で傾向出てきました。

まず最初はアクアシステムのプロジェクトソイル・プレミアムです。
pH6.5  導電率88ppm 
炭酸塩硬度KH約1.0 
亜硝酸塩NO2ほぼゼロ 硝酸塩NO3ほぼゼロ
先週とほとんど水質変わってません。
数値自体はどれもほぼ完璧です。
d0055262_1801232.jpg

だが!うおーーい!すごいコケです(爆)
ものの一週間で一気にアオミドロ地獄と相成りました(^^;)
考えられる原因は2つあります。
一つはろ過が効いていないために硝酸塩はないけど、その前段の亜硝酸塩が発生している。
もう一つは光が原因です。粒の色が茶色だと照り返しが黒色よりも強いためそれがコケ発生につながっているのではと思います。
さて。亜硝酸塩を測定しましたが予想外れてゼロでした(良いことなんですけどね)
これで原因は照り返しによる高い光量ではないかと推測出来ます。
d0055262_1802636.jpg

今回の環境ではコケ出てしまいましたが、水質自体は導電率も低く、亜硝酸塩、硝酸塩ともにほとんどゼロなので能力としてはかなり優秀だと思います(フォロー^^)
d0055262_1805533.jpg

お次はアクアシステムとチャーム共同で開発のA&Fソイルです。
pH7.0 導電率117ppm
炭酸塩硬度KH約1.0 
亜硝酸塩NO2約1.5mg/l 硝酸塩NO3約40mg/lくらい(?)
亜硝酸塩、硝酸塩ともにかなり鮮やかな色出してかなりヤバイ水質になってます(^^;)
始めの週だけゼロでしたが先週から硝酸塩見られるようになりました。
とりあえずここにレッドビーとか入れたらやばそう(^^;)
d0055262_181847.jpg

でも不思議なことにコケはほとんど見られません(なぜ?)
さっきとは真逆の状況です。
d0055262_1812131.jpg

チャームさんは凄まじくお世話になっているので、この結果正直メチャクチャ気まずいですが今の状況見る限りA&Fソイルはちょっとヤバそうです(^^;)
コケは出ていませんがおそらくたまたまで普通ならコケ大発生&エビも調子悪くするような水質です。
う~こんな結果になるとは。。。
d0055262_181365.jpg

最後にマスターソイル。
pH6.4 導電率91ppm
炭酸塩硬度KH約1.0 
亜硝酸塩NO2ほぼゼロ 硝酸塩NO3だいたい10mg/lくらい
硝酸塩若干見られますが問題となるレベルではなく、先週から水質改善されています。
d0055262_1814826.jpg

実はこのマスターソイルが水草の調子一番良いです。
マスターソイルは値段も安いとあってこの状況予想外でした(^^;)
d0055262_181559.jpg

オークロとキューバパール這い始めてます。
草姿そのものにも元気の良さが伝わってきます。
d0055262_182110.jpg

コケはガラス面に少し茶ゴケが出ておりますが3週間一度もコケ取りしていないので出てないも同然でしょう。
※この実験では初期の集中換水もしていません。またコケが出ても駆除したりしていません。
d0055262_182736.jpg

グロッソもマスターソイルが一番這っています。
予想通りに行かないところが逆に面白い。マスターソイル侮りがたしです(^^)
d0055262_1821349.jpg

基本スカスカなので今回リスノシッポとアマゾンチドメグサを植えてみました。
アマゾンチドメグサあまりのデカさにビビりましたw
d0055262_1822127.jpg

しばらくはこの組み合わせで測定していこうと思います(^^)
d0055262_1822677.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-02-06 02:02 | 実験
第2回ルーム600底床比較実験の2週間経過後の状況報告です。
水質の測定は朝方取りました。

始めはアクアシステムのプロジェクトソイル・プレミアム。
pH6.6 導電率80ppm 
炭酸塩硬度KH約0.5 硝酸塩NO3ほぼゼロ
硝酸塩ほぼゼロということでさすがプロジェクトソイルの中で一番高品質謳っているだけのことはあるようです。
d0055262_1926318.jpg

コケはガラス面には流石に出ていますが、水草などには全然見られません。
それにしても粒の色のせいで水草の状態スゲー分かりづらい(^^;)
d0055262_1926378.jpg

アクアシステムとチャーム共同で開発のA&Fソイルです。
pH7.6 導電率128ppm
炭酸塩硬度KH約1.0 硝酸塩NO3約30mg/lくらい(?)
pHが一気に中性に傾いてます。
1週間前には見られなかったですがここに来て硝酸塩が出ています。
とは言え硝酸塩あると言うことは蓋を返せばろ過バクテリアが有効に効いていると言うことにもなります。
ただ底床としてはこれだけ硝酸塩でているということはそのままコケの発生につながりますので初期の集中換水は必要だと言えます。
d0055262_19264752.jpg

ドワーフリシアは結構気泡出してますが、他の水草は目立った成長は見られません。
先に硝酸塩出てはいますが、ヤマトが食べているおかげかコケは今のところ皆無です。
d0055262_1926543.jpg

とりはマスターソイル。
pH5.9 導電率101ppm
炭酸塩硬度KH約1.0 硝酸塩NO3だいたい30mg/lくらい(?)
pHかなり低いレベルで推移しています。
硝酸塩も少々出ていてアマゾニアのように初期の換水はそれなりに必要そうです。
d0055262_1927160.jpg

コケはガラス面にうっすら茶ゴケが出ていますが、水草とかには出ていません。
どの底床もまだ2週間ですが今のところ目立って成長の良いソイルはありません(^^;)
どれも水草の育成特化したソイルではないのでこんなもんなのかな~
あまりに変化がないのでちょっと育成難易度の低めの水草ちょこっと入れようかと思います。
d0055262_1927889.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-01-30 00:24 | 実験
先週始めました第2回ルーム600底床比較実験の1週間経過後の状況報告です。

まずはアクアシステムのプロジェクトソイル プレミアム。
pH5.8 導電率75ppm 
炭酸塩硬度KH約0.5 硝酸塩NO3ほぼゼロ
pH低っ。前回のプラントサンドGXでも同じくpHの低下が大きかったので明るい茶系のソイルイコールpH低くなるというイメージ出来ちゃいそうです(^^;)
d0055262_20251062.jpg

まだ1週間ということで見た目の変化ほとんどなしです。
エビいるのは前回出たアオミドロ引き継いちゃっているので(確信犯)駆除するために入れてます。
d0055262_2025196.jpg

次はアクアシステムとチャーム共同で開発したというA&Fソイルです。
pH6.4 導電率134ppm
炭酸塩硬度KH約0.5 硝酸塩NO3ほぼゼロ
導電率高めですが外掛けフィルターのろ過材変えたりもしているのでまだ気にするには早いでしょう。
とは言え初っぱなから硝酸塩ほぼゼロっていうのはなかなか良い感じです(^^)
d0055262_20252481.jpg

やっぱりソイルは黒っぽい粒の方が断然水草の色が映えます(^^)
今週ebizukiさんからいただきましたオークロにオークラコンビ(コンビと言っても全然違う種類ですけどw)とラージパールグラスをちょこっと追加してます。
※オークロ=オーストラリアンウォータークローバー
 オークラ=オーストラリアンクラッスラ
d0055262_20251661.jpg

最後にマスターソイル。
pH6.2 導電率88ppm
炭酸塩硬度KH約1.0 硝酸塩NO3だいたい30mg/l
唯一硝酸塩出ました。元から他のソイルよりゴミ類が含まれているのかもしれません。
硝酸塩はコケ発生原因因子の一つであり、ろ過で除去は不可能です。
硝酸塩はテトラのナイトレイトマイナスのように脱窒素細菌を利用して気化させる方法もありますが基本的には換水で対処します。
根本的に換水作業というのは硝酸除去するために行っているとも言えます。
あと導電率88ppmと低いのは硝酸塩が非金属物質であるためです(硝酸塩は多くあるが銅や鉄分などが少ないと言うこと)
しかしながらまだ1週間なのでもう少し経過見守ってから判断しようと思います。
d0055262_20253852.jpg

どのソイルも吸着効果は高いようで見た目はピカピカです(^^)
d0055262_20253167.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-01-20 00:27 | 実験
去年やってました底床の比較実験。さずがに年末年始はコレまでリセットする時間がなく普通に維持してました。
最後の勇姿(?)はこんなでした~

まずはこちらはプラントサンドGX(メーカーはGEX)
pH6.2 導電率103ppm 炭酸塩硬度KH約1.0
水草育成重視謳っている割にはそれほど成長良くなかったです。
最後の一週間はヤマト何匹か入れました。アオミドロ系はほぼなくなりましたが、真ん中(気泡の付いたトコ)の藍藻もどきのようなコケはさすがに食べてはくれませんでした。
結論的にはタダでさえ水草の見栄えの悪い粒の色していて、水草の成長もイマイチとあってはあまり使えないかなといったところです。。。
d0055262_1945418.jpg

お次は同じくGEXの水草一番サンドです。
pH6.7 導電率97ppm 炭酸塩硬度KH約1.0
3つの内では見たまんまダントツで成長良かったです(^^)
pHも初期の割には中性付近とあって、この辺でアマゾニアと使い方差別化出来そうだなと思いました。
ちょっと前まで全体がものすごいアオミドロ(柔らか系)に覆われていましたがヤマト7~8匹ほど入れたら一週間程度でゼロにはなりませんがここまで食べてくれます(最強!)
※プラプラ漂ってた部分は人力で除去してはいます。
次回の90cmリセットしたときは水草一番サンド使って見ようと思ってます。
d0055262_19454568.jpg

最後は濾過一番サンド(これもGEX)。
pH7.3 導電率153ppm 炭酸塩硬度KH約3.0
こちらはソイル系ではないので始めからあまり期待してませんでした。その空気読んじゃったのか見事なほど水草育たないというか枯れましたw
底床には水草一番栄養ブロック入れましたが効果もなく死亡状態です。
名前の割に水質も良くなくてなんかまずいことしたかな~という感じで正直この結果謎でした(まあいいかみたいな^^;)
d0055262_19455845.jpg

・・・と華麗にw まとめたところで新実験の内容ご紹介させていただきます。
とりあえず今回もソイルの比較実験で水草の成長具合、水質を見ていこうと思います。
d0055262_19472270.jpg

そこで今回選んだソイルはこちら!
①アクアシステム プロジェクトソイル プレミアム
②アクアシステム プロジェクトソイル
③アクアシステム+チャーム A&Fソイル
④JUN マスターソイル 
d0055262_19473163.jpg

今回の基準はあんまないです(爆)
A&Fソイルは軒並み皆さん気になっておられるということ。
マスターソイルとプロジェクトソイルは主要通販サイトで軒並み人気が高くコストが安い。
プロジェクトソイル プレミアムはどんなにすごいのか単純に見てみたいと思ったまでです(^^;)
①②③は背面の説明書き見る限りあんまり差はありません。
d0055262_19474034.jpg

プロジェクトソイル プレミアムは書いてあることがものすごい自信たっぷりですw
もう水草成長を前面に謳ったソイルがほとんどないのがちょっと寂しい・・・
d0055262_19474732.jpg

底床の色はこんな感じです。
左からプロジェクトソイル プレミアム、A&Fソイル、マスターソイルです。
d0055262_1948656.jpg

外掛け式フィルターのろ材(活性炭マット)も交換しました。
d0055262_19484293.jpg

活性炭の効果とソイルの吸着効果で一夜にしてどのエリアもピッカピカになってました(^^)
水草は増えた分流用もして前回とほぼ一緒です。
ショートヘアーグラス、グロッソスティグマ、ドワーフリシア、インディアンクラッスラ、キューバパールグラス、アラグアイアレッドクロスプランツ、アフリカンチェーンソード植えてます(今のところ)
d0055262_1949172.jpg

さあまた始めます(^^)
d0055262_1949849.jpg

[PR]
by aqualiving | 2009-01-15 23:02 | 実験