奇跡の水「RO水」を入れていますマニアック陰性系実験水槽の2週間後です。
d0055262_18532595.jpg

RO水使った換水から1週間経った状態での水質。
元は10ppm以下とは言え1週間も経過するとさすがに上昇してしまうようです。
pHは夜中の測定で6.9になっていますがGHは1.0程度とかなり低いです。
d0055262_18535626.jpg

その低いGHの超軟水環境利用してこちら買ってみました。
ボリビアンスター・ミナスとカーペットスターです。
幅20cmの水槽だとトニナとかウニみたいなホシクサはスペース的にきついのでこの2種選んでみました。
d0055262_18541264.jpg

あともう一つドーンレッドと言うホシクサです。
とりあえず名前に惹かれて買っちゃいましたw
d0055262_18541629.jpg

さてRO水導入から2週間経って~
d0055262_18543719.jpg

ボルビティス・ベビーリーフここまで来た!
まだ喜ぶのは早いですがとりあえず普通の水道水そのままでの維持の時はここまで新芽大きくならなかったと思います(これからすごい楽しみ^^)
d0055262_18551483.jpg

さっきのホシクサ系は何とかスペース見つけて無理繰り植えましたw
レイアウト水槽だと他の前景草に埋もれちゃいますがこの環境であれば安心です(^^)
d0055262_18552665.jpg

こっちホラゴケspジョホールエンダウ産。
根っこから細い新芽が一杯出てきています。
ここから横の葉っぱ見たくなってくれれば最高ですが想像付きませんねw
d0055262_18553671.jpg

アクアファン・インドアンダマン産。
雰囲気的には一番水中に適応出来そうな感じしていますので何気にベビーボルビ並に期待しています(^^)
d0055262_1855429.jpg

新緑ウォーターファン。
アクアファンとは真逆に水中で適応出来そうな雰囲気感じません(^^;)
d0055262_18555868.jpg

アクアファン・バリ島産。
こっちはさらに輪をかけて水中とは無縁な感じ(^^;)
まあ、こういうのあるとテラリウムへの欲求出てきますね。
d0055262_1856359.jpg

この水槽が今一番モチベーションの高いです(^^)
d0055262_18561739.jpg

[PR]
by aqualiving | 2010-03-07 23:23 | 実験
ボルビティス・ベビーリーフリベンジのために5年以上の長き眠りから復活しましたRO浄水器w
今日は凄まじきRO水(純水)の実力のほどをご紹介します。
d0055262_21305626.jpg

RO浄水器使ってRO水作るのは根気が入ります。
なぜ根気が入るかというとちょびっとしか出てこないからです(^^;)
d0055262_2131173.jpg

購入して蛇口全開にしてもちょっとしか出ないの見て愕然としたの覚えています。
その時は使い方間違ってると思いたかったですけどね・・・
これがすぐにお蔵入りになっていた理由です(爆)
d0055262_21313511.jpg

これこそ果報は寝て待て状態w
実験水槽のような小さい水槽であれば対応可能ですけど90cm以上の大型水槽で換水に使うのは現実的ではありません(^^;)
d0055262_21314969.jpg

20リットルのバケツ一杯にするまで3時間くらい掛かりました。
見た目ただの水ですが実はスゴイ水なんですw
d0055262_21323379.jpg

導電率 6 ppm!!
すげ~!これがRO水の実力(^^)
不純物ほぼゼロであることの証拠です。
総高度GHも1.0以下で超軟水とも言えます。
d0055262_2133199.jpg

あとRO水作るときには捨て水というのも発生します。
捨て水の比率を多くするとそれだけ純水に近づきます。今回作ったRO水は6ppmでしたがもう少し捨て水の比率を多くすれば奇跡の1ppmも可能です。
d0055262_228565.jpg

捨て水と言われると使えないイメージ感じますが実際はこの通り導電率34ppmでそのままの水道水よりはかなり綺麗です。
捨て水も他の水槽用の換水に使いたいですが貯め置ける場所もないので今回は風呂の水になりました(お肌がスベスベに~なんてw)
d0055262_21334358.jpg

マニアック陰性系の実験水槽の水の約9割今回作りましたRO水に換水しました。
d0055262_21341187.jpg

ボルビティス・ベビーリーフだけでなく他のシダ系もどうなっていくか経過楽しみです(^^)
d0055262_2134301.jpg

[PR]
by aqualiving | 2010-03-02 23:22 | ツール
以前にものの見事に失敗しましたこのボルビティス・ベビーリーフ。
RO浄水器なら育てられると言う非常にありがたい有益な情報をいただきました。
これはやらずでおくべきか~ってな勢いで試してみますw
d0055262_19554999.jpg

じゃじゃ~ん!買ったちゃいました~・・・嘘です(爆)
購入してから軽く5年間以上物置で眠ってるの出してきました(^^;)
いや~でも何度もヤフオクに出品しちゃおうと思いましたがいつか再度使うときが来ると信じて我慢してよかったですw
d0055262_19565236.jpg

マーフィード製のRO浄水器エキスパート150です。
ほとんど使ってないのでシールがやや色褪せているくらいで新品同様w
d0055262_19572288.jpg

RO浄水器エキスパート150は上と下で分かれています。
この下部分はセディメント(コットン)フィルターとカーボンフィルターの2つで水道水の塩素や細菌、鉄錆などの微粒子を吸着除去出来ます。
カルキなどを使うことによって同じ効果得られますが浄水器を使用すると吸着するので不純物そのものを水槽内にすら入れないで抑えられます。
d0055262_19575482.jpg

一見さっきのフィルターの方が見た目豪華ですが主役はこちらです(^^)
中にはメンブレンと言う0.0001ミクロンくらいの超微細な孔の開いたメンブレンと言うフィルターが入っています(とりあえずスゴイと言うことでw)
d0055262_19581132.jpg

出てくるところに純水と書いてあってここから奇跡の水が出てきますw
d0055262_19583159.jpg

実際に使う前に5年以上経ったフィルター使うわけにいかないので中身だけ購入しました。
d0055262_19585813.jpg

下部のセディメントフィルターとカーボンフィルターには専用の取り外し用のレンチがあって簡単に外せます。
d0055262_19591538.jpg

空にすると何か花瓶みたい。
d0055262_195930100.jpg

下がセディメントフィルター、上がカーボンフィルターです。
主にセディメントフィルターで細菌の除去、カーボンフィルターで塩素を除去吸着します。
d0055262_2001495.jpg

あとはただ入れるというか置くだけで完了。
d0055262_2002916.jpg

ここまでは作業早かったんですが苦戦したのがメンブレンを取り出す作業でした。
力一杯ペンチで引っ張ってもなかなか出てこない~
古くなっているのが原因だったのかよくわかりませんがとりあえずすごい苦労しました(^^;)
d0055262_2005449.jpg

こちらが真打ちのメンブレン。
d0055262_2011442.jpg

詳しい原理省きますが簡単に言うと水分子以外は全て引っかけることが出来るという凄まじい代物ですw
d0055262_2013750.jpg

使用結果はまた後日アップします(^^;)
d0055262_2033143.jpg

[PR]
by aqualiving | 2010-02-28 23:31 | ツール