底床の傾斜を維持するには・・・
最近の水草レイアウトで底床に傾斜を付けるのは半ば常識のようになってきています。
砂遊びのごとくただ底床に傾斜を付けただけだと、ろ過器からの水の流れなどの影響で日を追ってだんだん崩れてきて傾斜がなくなってきてしまいます。
私は底床の傾斜を何とか維持するために石を用いています。ADAのアクアグラベルはサイズ別に4種類あって値段も安いので各サイズ1袋ぐらい用意しておけば水槽のサイズ別に底床の崩れ防止に役立ってくれます。
d0055262_21295582.jpg
d0055262_2130551.jpg

横一列にアクアグラベルを並べて底床の崩れ防止しています(写真上)。
色が白く、石も大きめでレイアウトの邪魔になりそうですが時間が経つと成長したショートヘアーグラスやエキノドルス・ハムリックによってこのぐらいの石でも埋もれて見えなくなってしまいます。
あと、このように横一列に置いた理由は崩れ防止以外に一番後ろに植えてあるエキノドルス・ハムリックが前の方に来たときに石がある影響でランナーが浮くことによってトリミングしやすくするのにも役立ちます。
[PR]
by aqualiving | 2007-05-07 22:23 | 120cm
<< 底床の傾斜を維持するには・・・その2 やっとこさ120cm水槽水草の... >>